ツムラ漢方薬の番号について

MENU

ツムラの漢方薬

 

ツムラといえば漢方薬、テレビCMなどでもみなさんよくご存知でしょうし、薬局やドラッグストアでも必ず置いてありますよね。

 

 

自然と健康を科学するというコンセプト通り、安全で健康の為に役立つ多くの漢方薬を販売している業界ナンバーワンメーカーです。

 

 

最近は中国製品というものは危ないというイメージがつきまとい、その影響は漢方薬にもでています。

 

 

実際に本場で入手した漢方薬などは、日本ではとても販売できないぐらい危険な成分が含まれている場合があります。

 

 

ツムラでは、この漢方薬に対する製品管理を厳重に行っています。

 

 

まず、産地基準を満たした身元の確かな原料を使用し、現地調査などで安全を確認しています。

 

 

そして残留農薬や危険な物質が含まれていないか全て品質を検査しています。

 

 

これは研究所だけではなく、実際に生産する工場においてもです。

 

 

このように厳重に何重もの検査をパスした原材料がはじめて漢方薬として加工されるわけです。

 

 

保管も徹底しており、全ての事において医薬品として扱われるのに求められる基準を満たしているわけです。

 

 

正しい飲み方や漢方についてよく知る為に、ホームページや雑誌などで深く取り扱っていますので一度目を通して正しい漢方薬の使用方法を知っておきましょう。

 

効能を生かし副作用なく最大限に効果を引き出すには正しい知識が必要です。

ツムラの漢方薬の番号

 

病院などで処方されたツムラの漢方薬の袋に番号などがふってあるのを見たことがある方もいるのではないでしょうかこの番号は一体なんなのか、疑問に思われている方も多いとおもいます。

 

 

ツムラの漢方薬の番号は、識別をしやすくする為につけられています。

 

 

漢方薬といえども、どれを飲んでも100%安全とは言い切れません。

 

飲み合わせ、食べ合わせ、症状によっては使えないものもあります。

 

 

万が一のことがあっては大変ですから、このような識別番号が振られることになります。

 

対応している表などを見る機会があればわかりやすいと思うのですが、1桁目の番号にわけて色がつけられています。

 

 

 

例えば1桁目が1ならば青、4なら黄色、8なら赤というようにです。

 

 

これにも深い意味はなく、間違いを防止するため、わかりやすくする為です。

 

 

みなさんよくご存知の葛根湯なら1、当帰芍薬散なら23というようにつけられています。

 

 

ツムラの漢方薬の番号というのは、製品の品質自体には関係ない種類識別の為の番号ですから一般の方はさほど気にせずとも大丈夫です。