生理痛と漢方薬

MENU

生理痛と漢方薬

 

生理痛で漢方薬を服用したことのある女性はどれくらいいるのでしょうか?

 

生理痛は、月経にともなっておこる下腹部の痛みで、多くの女性がその痛みに悩まされています。

 

漢方薬ではなくても生理痛の起こる時期にイブやバファリンといった市販の鎮痛剤で痛みを抑えてなんとか生活している女性も多いことでしょう。

 

生理痛は、月経のとき、剥がれ落ちた子宮内膜を外に出すために子宮内膜から分泌されるプロスタグランジンというホルモンが多すぎる場合、必要以上に子宮が収縮して子宮の血のめぐりが悪くなってしまい、痛みがおこるといわれています。

 

鎮痛薬や漢方薬を服用しても日常生活に支障のでる程生理痛が激しい人もいます。


生理痛によく用いられる漢方薬

漢方薬で生理痛によく用いられるものは、桂枝茯苓丸です。

 

桂枝茯苓丸に含まれている成分である

 

「牡丹皮」

 

「芍薬」

 

は痛みの原因となるプロスタグランジンの生成を阻害し、子宮平滑筋を弛緩させる作用があるのです。

 

他にも五積散や桃核承気湯など生理痛に効果のある漢方薬は多くあります。

 

生理痛は「冷え」と非常に深い関係があると言われています。

 

よって、生理痛が激しい女性の場合は、冷え性を改善する加味逍遙散や当帰芍薬散などの漢方薬も有効だといえるでしょう。

生理痛に対する漢方薬の使い方

生理痛に対して漢方薬をどのように使用したらよいのでしょうか。

 

生理痛の激しい人は、月経開始から痛みの激しい数日間は西洋薬と漢方薬の併用で様子をみます。

 

西洋薬の鎮痛剤は副作用もおこりやすいので、この数日だけ西洋薬を用いて、その前後は漢方薬を用いて管理していくことにより、西洋薬を徐々に減らしていくことができるのです。

 

生理は毎月くる症状で、女性にとってはうまいこと付き合っていかねばならないものです。

 

もし、毎月生理痛に悩んでいるようでしたら、市販の鎮痛薬に頼るだけではなく、漢方薬も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

 

また、生理痛があまりにも辛い場合は、婦人科を受診してください。

 

子宮内膜症などの病気が潜んでいる場合もあります。

漢方薬を飲むことも抵抗があるという方はまず食生活を見直してみて

 

漢方薬で生理痛がなんとかなるのであれば、市販の鎮痛剤よりはましかなあとは思うのですが、薬を飲まずになんとかなるのが一番ですよね。

 

この記事を書いていて思い出したことがあるのですが、子供のころ私の母親が生理痛に悩まされているときに何かとてもくさい臭いのするお茶を飲んでいて、それを飲むと生理通が緩和されるとか言っていた気がするので、おかんに電話をしてそのお茶の名前を聞いてみたところ「じつぼさん」という答えが返ってきました。

 

漢字で書くと「実(實)母散」で、成分は漢方薬で構成されていて、効能は、更年期障害、月経痛、腰痛、頭痛、のぼせ、肩こり、めまい、動悸、息切れ、手足のしびれ、こしけ、血色不良、便秘、むくみなどがあります。

 

結局これも漢方薬だったわけですが、妊婦さんの場合このような煎じて飲むタイプのものも抵抗があるかと思います。

 

そこでおすすめなのが「青汁」です。

 

青汁はただの健康食品なので、生理痛を緩和したり、痛みを止めてくれるような効果はありません。

 

※生理痛に効くといって青汁を紹介しているサイトもありますが、健康食品にそんな直接的な効果はないと断言しておきます。

 

ではなぜ青汁がおすすめなのかと言うことなのですがダラダラ説明していると長くなってしまうので下記にまとめてみました。

 

偏った栄養の食生活を続けていると生理不順の原因になる

 

野菜嫌いな方で肉しか食べないなど偏った食生活を続けている方は、ビタミン不足により生理不順になることがあります。

 

生理不順は様々な要因からくるものなので、これが100%の原因ではないのですが、野菜が嫌いな方はまずビタミンを摂取し食生活を見直すことから考えてみてください。

 

生理不順になるから生理痛がひどいとは限らないのですが、生理不順はあなたの体からの危険信号です。

 

生理痛だけでなく様々な婦人病に直結する可能性がありますので、見直すことをおすすめします。

 

直接の原因に効く西洋医学とは違い、内面から治していこうという漢方と同じ考え方です。

 

それ以前に、健康第一ですので。

 

実際には青汁でなくても同等の健康食品や実際の食材などでもいいのですが、おそらく青汁が一番安くて簡単で摂取しやすいと思います。

 

青汁は葉酸が摂取できる

 

妊娠を望んでいる女性の場合特におすすめできます。

 

妊娠すると葉酸という栄養素の摂取が必須になってくるのですが、葉酸を妊娠4週前から0.4mg摂取ことにより神経管閉鎖障害のリスクが70%以上も軽減したという研究結果が報告されています。

 

 

厚生労働省のサイト → http://www1.mhlw.go.jp/houdou/1212/h1228-1_18.html

 

妊娠してしまえば生理痛とは無縁になると思いますが、妊娠前から葉酸の接収が必要という事実を考えれば妊娠希望の女性で生理痛がひどい方は試してみる価値があると思います。

 

また、生理不順になると妊娠しにくいという報告もありますので、その意味でもおすすめできます。


ただし青汁だけでは0.4mgには届かないですが

 

これを踏まえたうえで話を進めたいのですが、実は青汁だけで0.4mgを摂取できるわけではありません。

 

例えば国産限定で特に葉酸が多く含まれている「やわたのおいしい青汁」を調べてみると1袋4gあたりの葉酸含有量は76マイクログラムです。

 

やわたの青汁公式サイト

↓↓↓↓↓↓

おいしい青汁

 

 

出典:やわたの青汁公式サイト

 

※妊娠したいということを前提に話してますので念のため海外生産の物は除外しています。

 

マイクログラムはミリグラムの1000分の1ですので、76μg= 0.076mgとなります。

 

1日3袋飲んでも0.228mgですので、一日6袋飲まなければなりません。

 

6杯の青汁ですので、まあこれも何とかなることはなると思うのですが一日3回程度にしておいて残りは食事で摂取するといいでしょう。

 

※あくまでも葉酸の話です。

 

やわたの青汁公式サイト

↓↓↓↓↓↓

おいしい青汁