内臓脂肪を減らす漢方薬

MENU

内臓脂肪を減らす方法

 

最近はメタボリックシンドロームと言う言葉が一般的によく知られ、内臓脂肪に対しての意識も高くなってきました。

 

内臓脂肪とは、おなかの腹筋の裏側についている脂肪のことです。

 

女性が皮下脂肪が溜まりやすい状態であるのに対して、内臓脂肪は男性が溜め込みやすい脂肪です。

 

 

男性のダイエット目的はこの内臓脂肪を落として減らす方法がメインとされることが多いですね。

 

実際、動脈硬化や高血圧、心筋梗塞などの重大な病気の症状の引き金となることがあるのでダイエットは必要なことです。

 

これらの内臓脂肪は、体を動かすのに使われ代謝する脂肪とも呼ばれますので比較的楽な落とし方ができます。

 

食事を健康的なものにして、しっかりと日々の運動を心がければ自然と減らす方法へと繋がっているのです。

 

そうは言っても、なかなか効果が現れない人もいますし、何か奮い立たせる目にみえたアイテムがないとやる気が続かない人もいます。

 

こういった方は、漢方薬などを利用しながらダイエットをしてみてはいかがでしょうか。

内臓脂肪を漢方薬で落とす方法

 

内臓脂肪を落とす手助けを漢方薬にしてもらうことにしましょう。

 

まずしっかり認識しておいて欲しいことは、漢方薬を飲むだけでみるみる痩せていくなどとは考えないことです。

 

生活に取り入れつつ、補助的な役割としてその効能を活用していきましょう。

 

そして漢方薬と言うものは、性質上1人にとても効果があったからといって誰しも同じような効果はありません。

 

こう言われると「なんだやっぱりその程度のものか」と思われるかもしれませんが、そういった意味の事を指しているのではないです。

 

メタボに効く、内臓脂肪に効く、と言われても痩せ型の隠れ肥満の方か、目に見える肥満の方かでも違ってきますし見るからに健康ではつらつとした方か、少し虚弱気味で顔色も悪いような方でも違ってきます。

 

漢方薬では「証」というものから処方される薬を判断します。

 

その人の体質、容態、症状、普段の生活、全てにおいて最適だと思われる調剤をすることになるのです。

 

その為、しっかりと病院でのお医者さんの診断や薬剤師のカウンセリングなどが必要となってくるのです。

 

市販されている物も確かにありますけれど、自分に合わないものを使用すれば最悪副作用で悩まされることになりかねません。

 

しっかりとその効果を実感したいのなら、まず相談から。これが一番大切なことです。

内臓脂肪に効く漢方薬

 

■防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

 

ツムラやロートが出していることで有名な漢方薬です。

 

本来はダイエット目的ではなく、むくみや便秘、体がのぼせるなどの症状に使われています。

 

体力のある方に向けた漢方薬で、日ごろのウォーキングなどの有酸素運動と平行して使う形が良いのではないでしょうか。

 

ナイトシールと同等の効果があります。

 

 

■九味半夏湯加減方(くみはんげとうかげんぽう)

 

血行や、体内の水分の巡回を整えて、代謝を活発にする漢方薬です。

 

胃の調子をよくして、過食などによってたまった内臓脂肪を落とす手助けをします。

 

ブヨブヨ体型の方には高い効果があるのではないでしょうか。

 

改良された扁鵲(へんせき)という脂肪過多の方に向けた漢方薬も九味半夏湯加減方の仲間です。

 

 

■和漢箋(わかんせん)

 

ロートから出ている大人気の和漢箋にも内臓脂肪に向けたものがあります。

 

前記した防風通聖散ではあるのですが、成分の抽出方法や効能を最大限引き出すことにロートの技術が注がれています。

 

ヒットしたのは手ごろに入手しやすいからでしょうか。