漢方薬の効能

MENU

漢方薬の効能とは?

 

漢方薬の効能とはどのようなものがあるのでしょう?

 

 

漢方薬メーカー「ツムラ」はテレビCMでもお馴染みのメーカーです。

 

 

当初は入浴剤でヒット商品を開発し、数年前から「漢方のツムラ」というイメージで「漢方薬」の普及に一躍買っていますよね。

 

 

次に有名なのはクラシエでしょうか。

 

 

ちょっと話がそれましたが、漢方薬の効能について見ていきたいと思います。

 

 

漢方薬の効能は、代表的なものとして、便秘、肩こり、頭痛、生理痛、更年期障害、不妊、冷え症などに効き目があることで有名でしょう。

 

 

 

 

また、漢方薬は病気の治療にも使われていて、病院の外来で処方してもらうこともできます。

 

 

薬局では市販のツムラ、クラシエなどの漢方薬を買うことができます。

 

 

上に書いたような症状でお悩みの方は、自分に合った生活を送りながら無理なく体調を良くするために漢方生活を始めてみませんか?

漢方薬の効能を良くする飲み方

 

漢方薬の効能をより引き出すためにはどのように飲んだらよいのでしょうか。

 

 

漢方薬をどのタイミングで飲むのかご存知ですか?

 

 

ほとんどの漢方薬は、飲むタイミングが

 

 

食前

 

または

 

食事と食事の間(つまり食間)

 

 

です。

 

 

食事を終えて2時間過ぎたあたりがちょうどいい時間なんだとか。

 

 

複数の生薬が合わさって作られた漢方薬は薬が吸収されやすい空腹時に飲むことで、効能がよく現れるからなんだそうです。

 

 

ただ、胃腸が弱い方は、胃腸への負担を軽くするために食後に飲むよう医師に指示をされることもありますので、その場合は必ずそれを守ってください。

漢方薬の効能がいいのはどっち?

 

漢方薬の効能がより出るのはどんな種類の漢方でしょうか。

 

 

漢方薬には煎じ薬やエキス剤などいろいろなものがあります。

 

 

いったいどれを選べばよいのでしょう?

 

 

まず、煎じ薬は生薬をそのまま煎じたもので、成分が濃いのが特徴になります。

 

 

香りもきつく分漢方薬の効能が一番高いです。

 

 

それに対してエキス剤は煎じ薬を濃縮・乾燥し、粉や錠剤に加工したものです。

 

 

手軽にどこでも飲めることが特徴です。

 

 

エキス剤は飲みやすい分、効能は煎じ薬より劣ります。

漢方薬の効能は飲み合わせで変化する?

 

漢方薬の効能は飲み合わせで変化するのでしょうか?

 

 

これは、たとえば西洋薬の副作用を抑えるために漢方薬を服用することがあります。

 

 

それはケースバイケースで、高血圧治療での漢方薬の併用は規制があったりするので、必ずドクターや漢方薬の専門家に相談しましょう。

 

 

ネットでの相談サイトなども検索すれば結構引っかかると思うので気軽に相談できますよ。