貧血と漢方薬

MENU

貧血と漢方薬

 

貧血に漢方薬は効果があるのでしょうか。貧血は、血液中の赤血球や赤血球によるヘモグロビンが減少する状態をいいます。

 

 

貧血というと、頭がふらふらする症状を思い浮かべるでしょうが、症状が全くなく、血液検査で貧血とわかる人もいます。

 

 

貧血は「鉄欠乏性貧血」「再生不良性貧血」「悪性貧血」「溶血性貧血」などと原因により分類されます。

 

 

一般的な貧血は鉄欠乏性貧血ですので、今回はこのタイプの貧血についてお話します。鉄欠乏性貧血は、ヘモグロビンが少量しか作られなくなることによりおこり、体が酸素不足になります。

 

立ちくらみ・めまい・頭重・頭痛・耳鳴り・顔色の悪さ・肩こり・動機・息切れなどがその症状です。

 

 

鉄欠乏性貧血の原因は、出血や、食生活における鉄不足、出産に伴う鉄不足、激しいスポーツが代表的です。

貧血治療に使われる漢方薬

 

貧血の治療によく使われる漢方薬にはどういうものがあるのでしょうか。

 

漢方薬は患者ひとりひとりによって使い分けます。

 

主に、体力が衰えていて疲れやすく、食欲不振のある人には四君子湯を使います。

 

 

胃壁の筋肉が衰えていて食欲がなく、顔色が悪い人には六君子湯を使います。

 

 

顔色が悪く体力が衰えていて精神的不安もある人には加味帰脾湯を用います。

 

手足が冷え、全身倦怠感があり、食欲が出ない人には人参養栄湯で効果がでます。

 

 

女性の貧血で月経量が多い場合には当帰芍薬散を使うことが多いでしょう。また、顔色が悪く重い貧血には十全大補湯を用います。

貧血の治療は漢方薬と鉄剤が使われる

 

貧血の治療は、漢方薬のほかにも鉄剤を服用して直接鉄分を補う方法があります。

 

 

そして、薬の治療に加えて生活習慣にも注意します。

 

 

まず、大豆・レバー・ひじきなどの鉄分の豊富な食品を積極的にとるようにします。

 

 

無理なダイエットや不規則な食生活も改善します。

 

 

また、鉄分だけでなく鉄分を吸収しやすいタンパク質やビタミンCなどをバランスよく食事に取り入れます。日ごろから運動を心がけヘモグロビンを作りやすい体にすることも大切です。