半夏厚朴湯

MENU

漢方薬半夏厚朴湯とは

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)という種類の漢方薬を知っていますでしょうか。
これは、自律神経失調症気味の症状を持つような方に使用されることがあります。
イライラや不安、気管支炎や声がかれて喉の調子がよくない。胃の調子がなんだかわるかったりめまいを感じたりすることもある。
歳と伴に更年期障害になってしまって色々と辛い。妊娠してつわりがひどく、衰弱してしまっている。
こんな症状で使用されることのある漢方薬です。
誰でもこの漢方薬を使えば症状が改善、治療されていくわけではありません。
半夏厚朴湯に向いている方は、胃腸も弱く、風邪もよくひいてしまうような虚弱な方。
朝おきたらむくみが気になったり、手足の先が冷たくなって冷え症気味の方など、かなり制限されてきます。
これは、半夏厚朴湯に限ったことではなく、漢方薬全体において言えることですからよく覚えておきましょう。
必ず医療機関または漢方薬局などで薬剤師と相談しながら使う薬を決めていきましょう。
そして、半夏厚朴湯というものは稀に副作用が出ることがあります。
飲んでから気分が悪くなってしまった方は、中断して専門の方に相談してみてください。
例えば、食前空腹時に飲んでいるものを食後にするように言われたり、薬自体を変更したり、それなりに方法はあります。
そして医療機関をおすすめする理由はもうひとつあります。
半夏厚朴湯は保険が適用される漢方薬です。

妊娠中の漢方薬半夏厚朴湯

半夏厚朴湯はつわりに効く漢方薬ですから、もちろん医師の許可があれば妊娠中でも使えます。
妊娠初期のつわりは本当に辛いものですよね。食事はおろか水分すらとれなくなるような重症になる方もいらっしゃいます。
そうなってしまうと、母体どころか赤ちゃんにもだんだんと影響がでてきますし、妊娠が苦痛なものになってしまいます。
処方された吐き止めの錠剤も吐いてしまうような状態ですと、最悪入院が必要になってきてしまいます。
このようになってしまう前に辛い症状を病気だからと我慢してしまわずに、医師に相談してみましょう。
つわりに効く漢方薬を使用しても大丈夫でしょうかと尋ねてみるのがよいかもしれません。
その病院が漢方薬に対応していれば専門の先生も紹介してもらえるでしょうし、もし漢方に詳しい機関が無い場合なら
信用ある薬局を探すことからはじめてみてください。
半夏厚朴湯などは、吸収が良いですからしっかりと使っていくことでだいぶつわりは楽になることと思います。

半夏厚朴湯はイライラにも効く漢方薬

普段からイライラしてしまうような症状は自分では解決しづらいことです。
気分がいつも沈みがちになるような方であれば余計難しくなっていきます。
このような症状でも半夏厚朴湯は効果をもたらすことが考えられます。
なにかにつけて疲れを感じ、生活に不安があり、日々イライラしてしまったりふさぎこんでしまうような方も
まず専門機関で相談を受けてください。
半夏厚朴湯などを使って、漢方薬といえども高い効果があることがわかっています。
日常生活や対人関係でも支障が出てしまうことも考えられますので、早めに治療にあたったほうがよいでしょう。
更年期障害に伴ってこういう精神的な面でも影響がでてくることもありますから、しっかりと根本から治していくことを考えましょう。

半夏厚朴湯が効かないという人

半夏厚朴湯は幅広い意味での漢方薬ですし、状態が変わってきますと効かないというような話も聞きます。
そうなった場合再度専門の医師や薬剤師からカウンセリングを受けてみてください。
もう一度きちんと見直すことによって、新しい漢方薬に変更することもありますし、
同じ内容であっても胃がムカムカしてしまっている状態などですと、飲み方を変えることをすすめられるケースもあります。
効く効かないは個人の体質によるところが大きく、自分の体にしっかりとマッチしないと最大の効能を引き出せませんから納得できるまで相談なされると良いと思います。