防風通聖散

MENU

漢方薬防風通聖散の成分と効果

漢方薬の防風通聖散は最近メタボリックシンドロームという言葉の流行につれてよく目にするようになってきました。
あのナイトシールと同等の効果があるということで、ダイエットにも非常に注目されています。
高血圧、動脈硬化、糖尿病、便秘、肥満など、中高年の気になる症状に働きかける効果があるといいます。
成分は、芍薬(しゃくやく)、当帰(とうき)、甘草(かんぞう)、桔梗(ききょう)、薄荷(はっか)
麻黄(まおう)、生姜(しょうきょう)などの18種類の自然に由来した原材料を元にしています。
体内の毒素を排出する効果が高い為、病院などでも処方される事があります。
コッコアポA錠も、この漢方薬防風通聖散と同じものです。
しかし、元々この漢方薬はダイエットを目的としたものではなく、便秘薬、風邪薬として使用するのが主です。

漢方薬防風通聖散をダイエットに使う副作用

ネット上でもこの漢方薬、防風通聖散をダイエットに使用し痩せた、ウエストが細くなった、体重が減ったなどの口コミを見ることがあります。
「メタボリックシンドロームには防風通聖散」というような宣伝文句で気軽に通販などで購入できる状態です。
それに伴い、多くの薬剤師や医療界から危険性があげられています。
実際に取扱いを中止している薬剤師さんもいらっしゃいますし、来年以降販売されなくなる可能性もあります。
防風通聖散は手軽にダイエットをする為の薬ではありません。
まず、体力のない方や胃腸の弱い方には絶対おすすめができません。
医師の処方や正しい知識のないまま、個人でダイエット目的の為に購入された方の中には重い副作用のでる場合があります。
まず、多くの方が経験されるのではないかという副作用に下痢。
そして、下痢をしようが痩せようと無理に使い続けていくことで、食欲不振、肺炎、黄疸、肝機能障害などの
病気の引き金になるリスクがあります。最悪死亡してしまう原因になることも考えられます。
飲むだけで中性脂肪がみるみる落ちる、そんな都合のよい薬ではありません。
漢方薬というものは、本来普段の生活から改善し、上手に体質にあったものを取り入れながら適度な運動をすることで
最大にその効能を生かすことができる薬です。
しっかりと医師から自分の症状に合わせて処方され、用法などを守って使えば力強い味方となります。
しかし、自己判断の元に長期に渡って過度に飲み続けていたりすればたちまち「毒」へとその姿を変えます。
いくら知名度があろうとも、デメリットが書かれていなくとも、しっかりその薬の実態を知ることが大切です。

飲むだけで脂肪がみるみる落ちて、魔法のように激やせをする薬が本当に全面的に安全だと思いますか?

漢方薬防風通聖散を販売しているメーカー

■和漢箋(わかんせん) ロート防風通聖散錠

 

錠剤タイプでおなかまわりの脂肪が気になる方に向けた漢方薬です。
使用してはいけない人、副作用などをよく読み用法や用量を守って使用することが大切です。

 

■ツムラ防風通聖散

 

むくみや便秘、動悸息切れなどに効果のあるエキス漢方薬です。
しかし、高血圧やむくみのある方は事前に医師への相談が必要です。
長期で使用する場合は必ず、薬局の薬剤師、医師などに話をしてみてください。
下痢の症状が出た場合は即座に中止することが安全です。

 

■カネボウコッコアポA錠

 

便秘薬として、おなかまわりの中性脂肪を落とす薬として認識されているコッコアポA錠も中身は防風通聖散です。
より飲みやすく加工され、手軽に手に入ることから女性の間でも人気がありますが、
実際の副作用などはあまり認知されていないのが現状です。